悪玉コレステロール ヨーグルト

【朗報!】身近なヨーグルトが悪玉コレステロールを減らす!その理由は?

最近何かと注目されているヨーグルトとそれに含まれる乳酸菌。腸の調子を整えるだけでなく、さまざまな健康効果があることが分かってきていますが、実はコレステロールにも少なからず影響があるということが研究結果で報告されています。

 

 

 

というのもヨーグルトに含まれている乳酸菌がコレステロール値を低下させる作用があると考えられているんです。しかし乳酸菌といっても種類はさまざまで、コレステロールを実際に下げる効果が期待されているものはまだまだ限られています。

 

 

 

ここではコレステロールをヨーグルト、ひいては乳酸菌を用いて減らしていくにはどのようなものを選ぶべきなのか、どのように食べるべきなのかを見ていこうと思います。

ヨーグルトが悪玉コレステロールを減らす?

 

ヨーグルトが悪玉コレステロールを減らす、と聞くと手放しに喜んでしまいそうですが、一体どういうことなのでしょうか?そもそもヨーグルトは生クリームやバターと同様の乳製品。乳製品はコレステロール値が高く食べすぎ注意の食材のはず・・・なぜヨーグルトは大丈夫なのでしょうか。

そもそも悪玉コレステロールとは

そもそもコレステロールといっても大きく分けると身体に害をなす可能性のあるLDLと呼ばれる悪玉コレステロールと身体にとってメリットが大きいLDL、善玉コレステロールの二種類があります。

 

 

 

悪玉コレステロールは身体の細胞や消化液の生成に必要なものですが、過剰に摂取すると血液中に残って血液をドロドロにして血栓を生み出したり、動脈にうつって動脈硬化を引き起こしてしまいます。場合によっては死をも招きかねない恐ろしい側面を持つ成分なのです。

 

 

 

一方の善玉コレステロールは血液中に残った悪玉コレステロールを回収して肝臓へ届け、必要な分は使用して残りは排出する準備を整えます。つまりコレテロールの絶対値はもちろん、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスが取れていることがコレステロールの健康を考える上で大切になるのです。

 

 

 

しかしここで問題があります。悪玉コレステロールは普段の食生活などによって増減させるのが比較的可能なのに対して、善玉コレステロールは食事ではなかなかコントロールすることが出来ません。善玉コレステロールは基本的に有酸素運動によってコントロールするのが効率的だと言われています。

 

 

 

そのため、食事においてはコントロールのしやすい悪玉コレステロールに注目し、悪玉コレステロールを増やしてしまう食べ物を避け、逆に悪玉コレステロールを減らす食べ物を意識的に食べることが推奨されるのです。

ヨーグルトが悪玉コレステロールを減らす食べ物?

悪玉コレステロールを増やす食材は身近にたくさんあります。代表的な物では魚卵や鶏卵などの卵類、生クリームやバター、レバー類などが挙げられます。また、酸化した油も非常に危険で、揚げ物などで油を再利用することはあまり勧められません。

 

 

 

一方で悪玉コレステロールを低下させる食材としてはDHA/EPAというオメガ3脂肪酸を含んだ青魚、ナットウキナーゼを含んだ納豆、SMCSやスルフォラファンを含んだブロッコリーなどが代表として挙げられます。

 

 

 

そして同じく悪玉コレステロールを低下させる食材として今回取り上げたいのがヨーグルトです。ヨーグルトは上記の食材と比べるとあまりコレステロールを下げる食材として取り上げられることの少ない食材ですが、近年の乳酸菌研究においてヨーグルトに含まれる乳酸菌にコレステロールを減らす効果が期待されていると言われているのです。

ヨーグルトにコレステロールを増やす作用はないのか?

ここで気になるのがヨーグルトも乳製品なんだからコレステロールをあげてしまうのではないかということでしょう。

 

 

 

ヨーグルトは100gあたりおよそ10mg前後のコレステロールを含んでいます。100mlの牛乳に含まれているコレステロールがおよそ12mg前後、バターは10gで20mgほどのコレステロールを含んでいます。こうやって比べてみるとバターのような乳製品よりヨーグルトのコレステロールは少ないことが分かります。

 

 

 

もちろん非常に少ない数値ではないので食べ過ぎは禁物ですが、一日100g程度適度に食べる分には問題ない数値と言えるでしょう。

ヨーグルトが悪玉コレステロールを下げる理由

 

ヨーグルトが悪玉コレステロールを減らすのはヨーグルトに含まれている乳酸菌のおかげだと考えられています。

 

 

 

信州大学の農学部の研究によると乳酸菌にはコレステロールを吸着して体外へ排出する働きがあることが認められたそうです。この実験によると23種の菌種を用いてそれぞれにコレステロールを吸着する性質があるか調べた結果、全ての乳酸菌に少なからずその性質が認められたと言います。

 

 

 

また乳酸菌には生きて腸まで届いたものと死菌として死骸が届くものがありますが、どちらにおいてもコレステロールの吸着効果は期待できるそうです。

 

 

 

このような作用から乳酸菌をたくさん摂ることが出来るヨーグルトはコレステロールのコントロールに役立つ食材として考えられるのです。

過信するのは危険

しかし、一方でヨーグルトに期待できるコレステロールをコントロールする力は大きなものではありません。少なくともヨーグルトを毎日たくさん食べていればコレステロールの心配がなくなる、というような万能薬ではないことは覚えておきましょう。

 

 

 

ヨーグルト、そして乳酸菌にはコレステロールを低下させる以外にも健康効果がたくさんありますから、日々のバランスの良い食生活にヨーグルトを適量組み込むことがコレステロールのコントロールを含めた健康管理に多少なりともプラスに働くという認識が良いのではないでしょうか。

悪玉コレステロールを減らす乳酸菌種

 

先ほど挙げた研究によれば多くの乳酸菌にコレステロールを低下させる効果が認められそうですが、最後により細かい菌種でコレステロールを低下させる作用が認められているものを挙げておきましょう。

クレモリス菌FC株

コーカサス地方のカスピ海周辺で作られるヨーグルトから発見された乳酸菌は中性脂肪の低下、善玉コレステロールを上昇させる効果があることが実験からわかっています。

ガセリ菌

一般的に外から取り入れた乳酸菌は腸内に長くとどまることが出来ませんが、ガセリ菌はその中でも比較的長く腸内に滞在すると言われている乳酸菌です。

 

 

 

ガセリ菌は悪だコレステロールを低下させる作用があると言われており、しかも長く腸内に滞在して効果的に作用してくれることが期待できそうですね。

ビフィズス菌BB536

森永乳業の保有するビフィズス菌BB536もコレステロールを低下させる効果が認められています。成人男女43名に一日100g×2の普通のヨーグルトとビフィズス菌BB536入りのヨーグルトを食べてもらって検証した結果、ビフィズス菌入りの方を食べていたグループにコレステロールの低下が認められたそうです。

ヨーグルトを摂りいれて悪玉コレステロールを減らそう

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には確かにコレステロールを低下させる作用があるようです。そのメカニズムなどはまだまだ解明しきれていない部分も多いようですが、毎日の生活に適量のヨーグルトを取り入れることで、食べない時よりもコレステロールをコントロールするのに効果的だということが言えそうですね。

 

 

 

皆さんもぜひ日々の生活にヨーグルトを取り入れて健康な身体を目指しましょう。

コレステロールを下げるサプリランキングへ