血糖値を下げる飲み物

【高血糖対策!】知って健康体作り!血糖値を下げる飲み物とその種類

皆さんは血糖値を気にしたことがありますか?血糖値やコレステロールはどちらも血中に溜まりすぎるとよくないもので、食生活や生活習慣によってその数値は悪化していきます。

 

 

 

特に普段から口にしているものが引き金となっての数値は高まりやすく、甘いものが好きな人は血糖値が、脂っこいものが好きならコレステロールが高くなりがちです。往々にして乱れた食習慣が引き金となっているため、コレステロールが高い人は血糖値も高い・・・ということもよくあります。

 

 

 

しかし根本的には解決するために制限したり意識的に摂るべき食材は変わってきます。もちろん共通している部分もあるのですが、ここでは血糖値を意識的に改善したい人におすすめしたい飲み物をご紹介していきます。

血糖値を下げる飲み物の重要性

高血糖の恐怖

血糖値とは血液中のグルコースの濃度のこと。この血糖値が高いと人の身体にはさまざまな弊害が生まれます。

 

 

 

私たちの身体は血糖値が上がるとそれを正常化しようとして膵臓からインスリンというホルモンが放出されます。このインスリンによる血糖値のコントロールが正常に行われないと血液中の糖濃度は高まり、さまざまな障害を引き起こします。

 

 

 

最も代表的な例としては糖尿病が挙げられます。糖尿病はそれ自体は疲労感や頻尿などの症状を伴うものですが、悪化すると合併症状として命に関わるような症状などをもたらす病気です。また完治が難しいことから一生付き合っていく必要のある病気でもあると言われています。

 

 

 

さらに血糖値の高い血液は糖が余分にある状態で、この糖をエネルギーとして消費できないとソルビトールという物質が生成されます。ソルビトールは本来正常な血糖値でも生成されていますが、正常な範囲内であれば果糖へ変換され代謝されます。

 

 

 

しかし血中の糖があまりにも多いとソルビトールが大量に生成され細胞や神経に溜まっていきます。ソルビドールは神経や血管にとっては有害で腎臓や神経、網膜に障害を起こしたり、血管を傷つけて動脈硬化の引き金になることもあります。

 

 

 

高血糖はさまざまな面から見ても健康によくない状態だと言えます。

血糖値の改善は糖質制限

血糖値を改善すると言えば基本は食生活。食べる順番などにもスポットが当てられることがありますね。それ以外にも運動などの生活習慣などの改善は基本。

 

 

 

血糖値を下げる基本はなんといっても糖質制限。つまり糖質を含んでいる物を必要に応じて減らしたり禁止したりすることです。糖質を気にせず好きなだけ食べていたら血糖値のコントロールは出来ません。

 

 

 

現代人は日頃から車や電車での移動、社内ではデスクワーク中心と身体をほとんど動かさず、エネルギーを消費しない生活を繰り返す人も増えています。

 

 

 

一方で食べるものには困らず、むしろ好きな物を好きなだけ食べられる状況下において、身体にとって必要な分をはるかに超える糖をはじめとした栄養を摂取する傾向にあります。

 

 

 

過剰なエネルギーは身体で行き場所を失い、自身を傷つける刃になってしまう可能性もあることを自覚し、バランスのよい食生活を心掛けることが大切なのです。

血糖値を下げる手段も知っておこう

そうはいっても毎日ストイックな生活を続けるのもストレス社会と言われる現代においては大変な事でしょう。

 

 

 

たまには気兼ねなく甘いものを食べたり、ジャンキーな食事に手を出すこともあるかもしれません。そんな時に血糖値を低下させるアイテムを知っておくことで、息抜きをする日にも血糖値のコントロールを少しでも行えればいいですよね。

 

 

 

そこで知っておきたいのが血糖値を低下させる飲み物。飲み物は特に手軽に身体へ摂取できるので、血糖値を下げる飲み物があればぜひおさえておきたいものですね。

血糖値を下げる飲み物にはどんなものがある?

 

では実際に血糖値を下げる働きのある飲み物について見ていきましょう。飲み物ごとに血糖値への作用は異なりますので、どのように血糖値を下げるのかにも注目してみましょう。

コーヒー

コーヒーにはクロロゲン酸という成分が含まれています。このクロロゲン酸には血糖値を下げる効能が認められています。クロロゲン酸が血糖値を低下させる理由について、従来はクロロゲン酸にはインスリンの分泌促進作用があると考えられていましたが、UCCの研究報告によればクロロゲン酸にはインスリンの分泌に関与するところはなく、糖質そのものを吸収する作用を疎外する効果があるのではないかと考ているようです。

 

 

 

なお、クロロゲン酸は熱に弱いと言う特性もあるため、抽出する際にはあまり高温で抽出しない方がよりその効果を引き出せると言われています。

お茶

お茶といってもその種類は様々ですが、実は多くのお茶に血糖値を低下させる効能があると言われています。

 

 

 

お茶の中でも特に血糖値に効果があると言われているのが緑茶です。緑茶にはカテキンと呼ばれるポリフェノールが含まれているのですが、このポリフェノールが血糖値に効果を示すのだと言います。

 

 

 

血糖値は身体に入った糖が血液中に入ることで上昇します。このさいインスリンが正常に分泌されれば血糖値はコントロールされますが、インスリンの分泌がなんらかの理由で鈍くなっていると血糖値は高くなったままです。

 

 

 

インスリンの分泌を取り戻すと言うのは難しいことですが、そもそも血中に摂りこまれる糖分が少なくなれば血糖値は上昇しません。緑茶に含まれるカテキンには消化酵素の働きを阻害し、消化に時間がかかるようにする効果があります。

 

 

 

消化に時間がかかると言うと身体に悪いイメージもありますが、消化がゆっくりと行われることで血糖値の急激な上昇をおさえる効果が期待できるんですね。

その他の血糖値を下げる飲み物

血糖値をコントロールする飲み物は実は他にもたくさん存在します。ここではすべてを上げるキリが無いので、血糖値をコントロールするアプローチの仕方をタイプ別にみてみようと思います。

インスリンに似た成分を含む飲み物

血糖値が特に問題になるのはインスリンの分泌低下がおこった時ですが、インスリンと似たような働きをする成分を含んだ飲み物が存在します。

 

 

 

ゴーヤ茶やグァバ茶がその例で、どちらもインスリンに似た性質の成分を含んでいるため、摂取する事で血糖値のコントロールが向上する可能性を秘めています。

糖の分解を遅らせる成分を含む飲み物

食物などに含まれている糖質そのものの分解を阻害する事で体内に吸収される糖を減らしたり、その速度をゆるやかにする効果がある飲み物も血糖値に効果があります。

 

 

 

例としてはクワの葉茶などが挙げられます。

糖の吸収を遅らせる飲み物

ごぼう茶や菊芋茶といったお茶は糖の吸収を遅らせる効果があります。糖の吸収がゆるやかになると血糖値の上昇も緩やかになるため、身体にかかる負担が低くなります。

 

 

 

このように血糖値を下げるといってもその作用の仕方は異なります。人によっては効果の出方にも差があるでしょうから、いろいろと試して継続的に実践できる飲み物を見つけてみてはいかがでしょうか。

血糖値を下げる飲み物を生活に!

いかがでしたか?血糖値を下げる飲み物はお茶類が多いようですが、そうはいっても効果は限定的で、もちろんそれだけで血糖値をコントロールできるようなものではありません。

 

 

 

基本的な生活習慣を改善した上で、血糖値を下げる飲み物を生活に取り入れてよりよい血糖値のコントロールを目指しましょう。

コレステロールを下げるサプリランキングへ