コレステロール 下げる 運動

やり方間違っていませんか?コレステロールを下げる運動にはコツがある!

コレステロール数値はしっかりとコントロール出来ていますか?コレステロールは身体にとってなくてはならないものですが、過剰に体内に蓄積されるとさまざまな病気の要因になってしまいます。

 

 

 

そのためコレステロール値に異常がみられる場合、また日頃の生活に心配がある方は早い内からコレステロールを管理して健康な身体を維持できるように努めることが推奨されます。

 

 

 

ではどのようにしてコレステロールはコントロールするべきなのでしょうか?基本となるのは生活習慣の見直しで、特に食事と運動を意識する必要があります。

 

 

 

直接コレステロールの上下に関わる食事はもちろんですが、コレステロールのコントロールに運動が関連するのはどうしてなのでしょうか。今回はコレステロールと運動について見ていきましょう。

運動でコレステロールを身体に溜めない

 

コレステロールは多くが体内で自然に作られています。そして足りない分が食事から摂取されます。コレステロール身体の様々部位で生成されており血液に乗って身体中へ運ばれます。コレステロールと聞くと身体に悪いもののように聞こえますが、実は筋肉や各種ホルモンなど人体にとって欠かせないものをコレステロールは生成する手助けをしています。

悪玉コレステロールと善玉コレステロール

このように身体を正常に動かすのに欠かせないコレステロールはLDLコレステロールと呼ばれます。これは別名悪玉コレステロールとも呼ばれます。なぜ身体にとって欠かせないLDLコレステロールは悪玉と呼ばれるのでしょう?

 

 

 

それはLDLコレステロールは血液中に増えすぎることで血液をドロドロにしてしまうばかりか、酸化して血管を傷つけることで動脈硬化を引き起こし、この悪循環によって脳卒中や心筋梗塞の原因となるからなのです。

 

 

 

LDLコレステロールの数値が高い状態が続くことは身体を確実にむしばんでいくことに繋がっていきます。

 

 

 

一方のHDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれています。これはHDLコレステロールには血液中に残った余剰なLDLコレステロールを回収し移動させ、必要に応じて再利用したり排出する手はずを整える、つまりLDLコレステロールを調節するような役割があるからです。

 

 

 

そのためコレステロールをコントロールする上では、LDLコレステロールの過剰な増加を防ぎ、かつHDLコレステロールを増やしてバランスを摂ることでコレステロール数値を正常化させることが大切になります。

コレステロールを下げるための運動

コレステロールをコントロールするのに運動は欠かすことが出来ません。どうして運動がコレステロールのコントロールにプラスに働くのでしょうか?

 

 

 

悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減る要因の一つとして挙げられるのが中性脂肪。中性脂肪は普段の食事などで脂肪や糖を摂りすぎると徐々に蓄積されていきます。実はこの中性脂肪は増えすぎると悪玉コレステロールを増加させ善玉コレステロールを減少させるというやっかいな性質を持っているんです

 

 

 

しかし逆に言えば中性脂肪を減らすことで悪玉コレステロールを少なくし、善玉コレステロールを増やしてコレステロールのコントロールがしやすくなると考えることが出来ます。

 

 

 

中性脂肪を増やさないようにするためには日頃の食事で脂肪や糖などをおさえる食事制限などが有効ですが、一度溜まってしまった中性脂肪はエネルギーとして燃焼させるしか効率的に減らす方法はありません。

 

 

 

普段の生活で使用しているエネルギーは人によって異なりますが、一般的には十分に食事によってそのエネルギーは補われてしまっています。むしろ過剰になっているからこそ中性脂肪が溜まりやすくなっているのが飽食と呼ばれる現代人の特徴です。

 

 

 

そのため、中性脂肪を意図的に燃焼させるために運動が必要になります。運動によって中性脂肪を減らすことが出来れば悪玉コレステロールの減少、善玉コレステロールの増加につながり、さらに筋肉がつくことで代謝が高まるため、自然と中性脂肪のつきにくい身体になっていくというワケなんですね。

コレステロールを下げる運動の仕方

 

しかし運動といってもただやみくもに運動するだけではダメです。あくまでも中性脂肪を燃焼させる運動を指揮する必要があります。中性脂肪を燃焼させる運動として効率的なのはやはり有酸素運動です。

 

 

 

有酸素運動としてはウォーキング、ランニング、水泳、エアロビクスなどが挙げられます。それぞれに運動の強度が違うため一概にどれくらいの時間運動すればよいかは異なりますが、一般的には20~30分程度は毎日運動する事が望ましいと言われています。

 

 

 

継続して行うと言うことがポイントで、時間に縛られることなく、日によってはちょっとだけでも有酸素運動を行う時間を取り入れることが大切です。

 

 

 

ただ、はじめから強迫観念の様に毎日続けないとダメ、30分やらないと意味がない・・・と決めつけてやってしまうと、いざ急用や疲労で一日間が空いてしまうと意味が感じられなくて挫折してしまうようなことにもなりかねません。

 

 

 

普段全く運動しないと言う方は、まずは運動そのものをライフワークにするということを目標に、二日に一度でも毎日10分でも運動する習慣を取り入れていくことが大切だと言えるでしょう。

運動は健康のためにライフワークにしよう

運動はコレステロールのコントロール以外にも血糖値のコントロールにつながったり、ストレスの解消になったりもします。もちろん毎日続けなきゃ・・・という意識によって運動自体がストレスになってしまっては元も子もないのですが、運動するのが当たり前と自然に思えるくらい運動をライフワークにしていくことが出来ればより健康な生活を送ることが出来るはずです。

 

 

 

たとえば歩ける距離は多少遠くても歩くといった日々のちょっとした工夫で運動量を増やすことも出来ます。その人に合った運動を取り入れることで健康を維持する事へ繋がっていくはずです。

 

 

 

ぜひ意識的に運動を普段の生活に取り入れる工夫をしてみましょう。

運動以外のコレステロールを下げる方法

 

ただ運動だけしていもコレステロールはなかなか下がりません。コレステロールを下げるには運動と同時に食事のコントロールを行うことが大切です。

 

 

 

コレステロールを意識した食生活においては、まず魚卵や鶏卵といった卵類、バターや生クリームのような乳製品、レバーなど高コレステロールの食材を食べ過ぎないようにしながら、中性脂肪の原因となる脂質や糖質にも注意を払うことが大切です。

 

 

 

一方で青魚や納豆、ブロッコリーなどコレステロールを低下させる効能を持つ食材を積極的にとりいれて、バランスの良い食生活を送ることが必要になるでしょう。

コレステロールを下げる運動を実践しよう

いかがでしたてじょうか?コレステロールを下げるために運動が果たす役割が分かってもらえたと思います。適度な運動が私達に与える健康メリットはとても大きいものですが、一方で運動だけしていれば健康になれるというものでもありません。

 

 

 

あくまでも食生活をきちんとした上で運動を取り入れることがコレテロールを下げることに繋がるということを肝に銘じながら運動を日々の生活に取り入れていきましょう。日々のちょっとした積み重ねが数年後の自分の健康を保つことに繋がると思えばきっと無理なく続けていくことが出来るのではないでしょうか。

コレステロールを下げるサプリランキングへ