コレステロール 下げる 食事

【健康生活始めよう!】コレステロールは普段の食事を見直して下げる!

皆さんはコレステロール値を気にしたことがありますか?中には健康診断などでコレテロールの数値を注意されている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

コレステロールは放置しているとさまざまな生活習慣病などに関係してくるものですので、なるべくしっかりと自分の数値を把握してコントロールしていきたいものです。しかしいざコレステロールをコントロールしようとするとどうすれば良いのか分からないと言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

コレステロールのコントロールは食事のコントロールとほぼ同義です。今回はコレステロールを低下させる食事について見ていきたいと思います。これを機にコレステロールをコントロールする食事法を身に付けましょう。

食事でコレステロールを低下させる

 

コレステロールと聞くと悪者のイメージが強いかもしれませんが、そもそものコレステロールは脂の一種で身体にって必要な成分です。具体的にはホルモンの生成や細胞の膜を作る材料、消化液の原料となるなど、なくなると人間の生命機能に支障をきたす非常に大切な役割をしているので。

 

 

 

その多くは肝臓で生成されていますが、食事から摂りいれることもあります。現代人はコレステロールの高い食事を摂りがちなので、必要以上のコレステロールが体内に入ってしまう結果、血液中にコレステロールがたまり、動脈硬化などの原因となります。

 

 

 

摂りすぎ以外にも老化によってコレステロールを調節する機能が鈍くなっても同じような現象が起こります。年を取っても若いころと同じようなコレスロールの取り方をしていると身体のコレステロールをうまくコントロールできず、結果的に高コレステロールの状態になってしまうということです。

コレステロールは食事でコントロールする

従来体内でも盛んに生成されているコレステロール。体質や病気によっては体内で生成されるコレステロールにも過不足が起こることがありますが、多くの場合、コレステロールの数値が高いというのは食事に原因があると考えられます。

 

 

 

つまり普段の食事に高コレステロールの食事が多く、体内にコレステロールが溜まり続けていってしまっているということです。

 

 

 

また、コレステロールには身体に残って病気の原因になりやすい悪玉コレステロールと不要な分は排出される善玉コレステロールがあり、コレステロール自体の数値が低くても悪玉コレステロールが多い場合には油断が出来ません。

 

 

 

このような状況を防ぐためにも普段の食事に気を遣って、コレステロールの溜まりにくい身体を作っていくことが大切になっていくのです。

コレステロールを下げる食材

 

コレステロールを低下させる食材にはどのようなものがあるのでしょうか。まずは食材について知ることで食事を組み立てるベースについて考えていきましょう。

野菜類

野菜類は食物繊維や抗酸化作用を持つ成分など、身体にとって嬉しい成分が豊富に入っています。そのためバランスよく食生活に取り入れることがコレステロールのコントロールはもちろん、身体全体の健康へ繋がります。

 

 

 

ここではコレステロールとの関係に着目していくつかピックアップしてみました。

ブロッコリー

コレステロール対策として良く取り上げられる食材です。天然アミノ酸であるSMCSが肝臓の機能を向上させ、コレステロールへの抵抗力が高まります。

玉ねぎ

血液をサラサラにすると言われる野菜と言えば玉ねぎ。アリシン、ケルセチンといった成分が血液中のコレステロールを低下させることで血液が綺麗になっていくんです。

トマト

トマトと言えばリコピン。リコピンは善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを低下させる作用があります。糖分も高いので食べ過ぎは注意ですが、少量を食事に取り入れていきたい野菜です。

海藻・きのこ類

海藻やきのこは食物繊維が豊富。食物繊維はコレステロールをコントロールする役割があるので意識的に摂りいれたい成分です。

青魚

魚の中では青魚がコレステロールのコントロールに役立ちます。青魚にはEPA/DHAと呼ばれるオメガ3脂肪酸というコレステロールを低下させる脂肪酸が含まれています。

 

 

 

血液をサラサラにする力があることから脳卒中や心筋梗塞対策にも積極的に取り入れたい食材として青魚は注目されています。最近ではサプリなども発売されていますが、やはりしっかりと食材から摂るのが一番でしょう。

納豆

青魚や玉ねぎと並んで血液への健康効果・コレステロール対策におすすめされるのが納豆です。納豆に含まれるナットウキナーゼは血液中の血栓を溶かしてしまうほど強力だと言われています。

 

 

 

加えて安価で食事に取り入れやすいというメリットが他の食材よりも高く、日々の食卓に取り入れたい食材の代表格と言えます。

コレステロールを下げる食事の仕方

 

コレステロールをコントロールするのはコレステロールを下げてくれる食材だけではありません。日々の食生活を考え直すことで自然とコレテロールが安定してくることもあるんですね。

 

 

 

ではコレステロールをコントロールするために気を付けたい食事の摂り方とはどのようなものなのでしょうか?

コレテロールを摂りすぎないようにする

コレステロールの低下を考える前にコレステロールそのものを摂りすぎないように気を付けることが大切です。

 

 

 

たまごや魚卵といった卵系、烏賊、レバーなどは単品の食材としてはかなり高い数値になるので食事に取り入れる場合は気を付ける必要があります。

 

 

 

また、お菓子類はバターやマーガリンを大量に使っているためコレステロールの宝庫になりがち。摂取には十分に気を付けたいですね。

油を良質な物へ

普段料理を使う時に使う油。これを変えるだけでもコレステロールには影響があります。オススメは植物系の油。特に不純物の混じっていない良質な物はそれ自体がコレステロールを低下させる役割を兼ねる場合があります。

 

 

 

そうしたものはどうしても値段も高くなりがちですが、高価な油を日常使いすることで一回の使用量を意識的に低下させることにもつながりますし、単純に味わいも深まりますのでオススメです。

調理法を意識

油を使わないような蒸し調理やグリルによる脂落としなど、食材に含まれる過剰な脂を摂取しなくても済むような調理法を積極的に摂りいれるのも一つの手段です。

 

 

 

食べるものは変わらなくても調理法を変えるだけで摂取するコレステロール量は変わってきます。ちょっとした工夫を日々積み重ねることが数年後には大きな変化に繋がるかもしれませんね。

お茶を飲む

緑茶や中国茶、ルイボスティー、コーヒーなどにはコレステロールをコントロールする成分が含まれています。微々たる量ですが食後の飲み物をこれらのお茶に変えることも長い目で見るとコレステロールのコントロールに繋がっていくことでしょう。

 

 

コレステロールを下げる食事を心がけよう

コレステロールのコントロールはなにも特別な事ではありません。日々の食生活をバランスよく、またちょっとした工夫を加えることでコレステロールだけでなく、身体全体の健康を意識ることにつながっていきます。

 

 

 

何気ない努力でも毎日繰り返される食事の中で実践すれば数年後には大きな違いとなって表れてくることでしょう。ぜひ今日からコレステロールを低下させる食事を意識して、今からちょっとずつコレステロールをコントロールする術を身に着けていきましょう。

 

 

 

もしも現状で問題を抱えるコレステロール値の方は医師の指導の下でより厳しいコントロールが必要になってきます。まずは相談するところからはじめてみてはいかがでしょうか?

コレステロールを下げるサプリランキングへ