ldlコレステロールとは

LDLコレテロールとは?普通のコレステロールとの違いや危険性まとめ

コレステロール。この単語を聞くとなんとなくドキッとしてしまう方も多いかもしれません。そんな方はすでに健康診断でコレステロール値について注意されていたり、日頃の生活に不安があったり、中には積極的に数値の改善を行っている方も少なくないことでしょう。

 

 

 

しかしひとくちにコレステロールといっても、コレステロールには大きく分けて二種類の存在があります。それがLDLコレステロールとHDLコレステロールです。

 

 

 

中でも今回取り上げるLDLコレステロールはコレステロールが健康に害をなす原因そのものとも言える存在です。それと同時に、身体にとっては無くてはならないものでもあるのが厄介なところ。

 

 

 

果たしてLDLコレステロールとはどんなものなのか、確認していきましょう。

LDLコレステロール=悪玉コレステロール

 

皆さんは悪玉コレステロール、善玉コレステロールという言葉を聞いたことがありますか?腸内であれば善玉菌や悪玉菌という言葉もあるように、人間にとって有益だったり、デメリットの低いものを善玉、健康にリスクを伴うものを悪玉などと分類して呼びあらわすことがあります。

 

 

 

コレステロールにも善玉、悪玉の概念が存在するのですが、LDLコレステロールとはまさに悪玉コレステロール、つまり身体に害をなし得るコレステロールのことなのです。

血液を不健康にする可能性がある悪玉コレステロール

ではLDLコレステロールはどうして悪玉と呼ばれてしまうのでしょうか。

 

 

 

そもそもコレステロールは身体にとっては非常に大切な成分です。脂質の一種であるコレステロールは身体において細胞の生成、消化液の原料、ホルモンの材料としての働きを持っています。つまり身体中の様々なところで一定量のコレステロールは必要とされています。

 

 

 

このうちの多くは肝臓において日々生成されていて、足りない分は食事などから補われています。コレステロールが余分に体外から取り入れられると肝臓で作られるコレステロールが減るなど、身体はもともとコレステロールを調節するように動いていますが、病気や加齢、過度なコレステロールの摂取によって体内のコレステロールが増加すると血中にコレステロールが溜まってしまうのです。

 

 

 

元来、LDLコレステロールは血液に乗って体中にコレステロールを届け、身体の機能を保つためのサポートをしています。しかし過剰に摂取されたLDLコレステロールは血中に残存してしまうのです。

 

 

 

このコレステロールは血中に残ると血液中に血栓を作って血液をドロドロにしたり、血管にうつって血管を酸化・硬化させて動脈硬化を引き起こします。動脈硬化や血栓は脳卒中や心筋梗塞といった病気の原因になるため、過剰なLDLコレステロールの存在は命をも脅かしかねないと言うことが出来ます。

LDLコレステロールを回収するHDLコレステロール

悪玉コレステロールが存在すると言うことは善玉コレステロールも存在するのでしょうか。HDLコレステロールというコレステロールがまさに善玉コレステロールと呼ばれるものです。

 

 

 

善玉コレステロールは血液中に残るLDLコレステロールを回収して肝臓へ運び、消化液の材料として消費したり、不要な分は排出する段取りを整えます。悪玉コレステロールが身体にとってメリット・デメリットのあるものだとすると、そのデメリットを取り去るのが善玉コレステロールの主な役割です

 

 

 

つまりこの二つのコレステロールはまずバランスが取れた関係にあるべきなのです。しかし善玉コレステロールは食事から増加させることが難しいうえ、悪玉コレステロールは食生活などでも簡単に増加しやすいという傾向があるため、意識していないとこの二つのバランスは崩れてしまいます。

 

 

 

そうなると身体にリスクのあるコレステロールの状態になってしまうのです。コレステロールは一概に減らせば良いと言うものではなく、善玉コレステロールを増加させる一方で悪玉コレステロールを減らす必要があるということなんですね。

LDLコレステロールが関わる病気

 

健康診断の際にはコレステロールの総合数値以外にもLDLコレステロール、HDLコレステロールそれぞれの数値も計測されます。加えてコレステロール数値と密接に関係のある中性脂肪の数値などと併せて診て、問題のある場合は指導が入る可能性があると言えます。

 

 

 

LDLコレステロールと中性脂肪は生活習慣病とも深いかかわりがあり、これらの数値が基準より高くなってくると高脂血症という症状に診断されることがあります。

 

 

 

これ以外にも数値の高さによっては動脈硬化、糖尿病、甲状腺機能低下症などが疑われることがあります。また逆に数値が低すぎる場合は肝硬変や甲状腺機能亢進症などによる肝機能の低下が疑われることもあります。

LDLコレステロールを減らすには?

 

LDLコレステロールは低すぎても問題ですが、多くの場合は高すぎて問題視されます。そのため日頃の生活からコレステロールをコントロールする努力をすることが大切になってくるのです。

 

 

 

ではLDLコレステロールを減らすにはどのようことが必要になってくるのでしょうか。

悪玉コレステロールを減らす食生活を心掛ける

コレステロールのコントロールにオススメの食材

悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増加させる。これがコレステロールを安定させる大原則です。

 

 

 

悪玉コレステロールを減らす食品にはDHA/EPAを含んだ青魚、SMCSというアミノ酸を含むキャベツやブロッコリー、ナットウキナーゼを含む納豆などを挙げることが出来ます。

 

 

 

善玉コレステロールはそれ自体を増加させる食材がほとんどないのですが、近年の研究ではトマトのリコピンが善玉コレステロールの増加に効果があると考えられているようです。

高コレステロール食品にも注意

コレステロールを低下させる食材を知るのと同時にコレステロールを増加させる食材も把握しておきましょう。

 

 

 

魚卵や鶏卵などの卵類はコレステロールが非常に高い食材として要注意だと言えます。たらこやイクラなど、美味しく魅力的な食材も多いのですが、食べ過ぎにはくれぐれも注意したいところです。

 

 

 

他にもレバーやバター、クリームもコレステロールの多い食材として気を付けておきたいですね。

運動がもう一つの柱

食生活と共に改善したいのは運動です。コレステロールのコントロールには運動がとても有効なんですね。

 

 

 

運動は中性脂肪を低下させることによって悪玉コレステロールの低下につながるほか、善玉コレステロールを増加させる働きも兼ねています。まさにコレステロールをコントロールするための基本中の基本となるのが運動なんですね。

 

 

 

代謝をあげて中性脂肪を燃焼させることが主な目的となりますので、基本的には要酸素運動がオススメです。ウォーキングやジョギングなどが手軽でよいでしょう。

 

 

 

一日にどれくらいやるかという問題もありますが、あまり高い目標を掲げて続かなければ意味がありません。その点では少しでも毎日続けられるところからスタートすることが大切です。

LDLコレステロールに注意

LDLコレステロールは身体にとって必要な物である反面、増えやすく害のあるものであることも分かりました。

 

 

 

日頃の不摂生によって簡単に増えてしまうLDLコレステロールは、常に増えすぎないように意識していくことで、将来LDLコレステロールを起因として病気にかかるリスクを低下させることが出来ると考えられます。

 

 

 

さっそく今日から意識改革を実行してみましょう。

コレステロールを下げるサプリランキングへ