悪玉コレステロール 減らす

【原因と方法判明!?】悪玉コレステロールを減らすために今すぐ実践

コレステロールと聞くと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?コレステロールは脂肪の一種で、そもそもは身体にとってはなくてはならないものです。

 

 

 

私たちの身体を作る上で実は大切な役割を果たしているコレステロールですが、食生活の乱れや加齢に伴ってしだいにその数値は悪化していきます。本来身体に必要なはずのコレステロールも過剰になると悪影響が現れてしまいます。

 

 

 

そもそもどんな成分でも摂りすぎは毒なのですが、コレステロールは身体に溜まりやすい、基準値を超えやすい、排出がスムーズにされないなどの問題から健康に害をなす結果になりやすいのです。

 

 

 

特に注目すべきは悪玉コレステロールの存在。この悪玉コレステロールとどう向き合っていくかでコレステロール問題は大きく左右されるのです。

悪玉コレステロールを下げる

 

コレステロールというと増えると血液がドロドロになったり動脈硬化がおこったりして、生活習慣病へ繋がっていくというイメージがあります。しかし実はすべてのコレステロールが悪者なわけではありません。コレステロールの恐怖は、一部のコレステロールが血液中に溜まってしまうという性質にあったのです。

悪玉コレステロールに注意

血中脂質を診断する血液検査の項目にはLDLコレステロールとHDLコレステロールという項目が存在します。このふたつにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

 

 

実はこの二つは同じコレステロールでもその役割が大きく異なります。

LDLコレステロール=悪玉コレステロール

LDLコレステロールは一般的に悪玉コレステロールと呼ばれるコレステロールです。このコレステロールは身体全体にコレステロールを供給する役割があり、身体中を巡っていきます。コレステロール自体は身体の細胞の形成などに使われるため、悪玉コレステロールはその役割の範囲内では必要なコレステロールです。

 

 

 

しかしこのコレステロールは血中に溜まりやすく、血中に溜まったコレステロールは血液をドロドロにして血栓の原因になったり、動脈硬化を引き起こしたりして時には生命を脅かしてしまうのです。

HDLコレステロール=善玉コレステロール

一方のHDLコレステロールは善玉コレステロールとも呼ばれており、悪玉コレステロールに比べるとメリットの大きいコレステロールです。

 

 

 

このコレステロールの役割は血中のコレステロールを肝臓へ運んでくれるというものです。つまり善玉コレステロールが十分にあると悪玉コレステロールの悪影響を受けにくくなるのです。

 

 

 

そのためコレステロール数値を考える時は、単純にコレステロールの数値を低下させることを意識するのではなく、LDLコレステロールの上昇をおさえながら、HDLコレステロールは増加させていくことが必要になるのです。

悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロールを増やす

もしもコレステロールについて注意をされていたり、意識的に改善しようと考えている人は何からしたらいいか分からないということもあるかもしれません。

 

 

 

しかしここで二つの大原則を知ることができます。それは、まず一つは「善玉コレステロールを増加させる」ことが結果的に悪玉コレステロールの抑制につながること、二つが「悪玉コレステロールを低下させる」ことで血中のコレステロール量が上昇しないようにすることです。

 

 

 

善玉コレステロールを増やすことが悪玉コレステロールの抑制にもつながるわけですから、ここからは大きく分けて悪玉コレステロールを下げる方法と、善玉コレステロールを増加させる方法について考えていきましょう。

悪玉コレステロールを減らす方法

 

悪玉コレステロールの増加が身体に悪いことが分かりました。では具体的にはどうやってこのコレステロールを低下させると良いのでしょうか。

悪玉コレステロールを減らす食品を摂る

まずは食事から改善していくのが基本です。コレステロールのコントロールには悪玉コレステロールを増加させる食品を摂らないということと悪玉コレステロールを低下させる食品を摂るという二つのアプローチが考えられます。

 

 

 

悪玉コレステロールを減らす食品としてはDHA/EPAを含んだ青魚、SMCSというアミノ酸を含むキャベツやブロッコリー、ナットウキナーゼを含む納豆などが挙げられます。

 

 

 

どれも血液の健康状態を高める効果のある食材として、コレステロールのコントロールはもちろん、脳梗塞や心筋梗塞の対策にも用いられます。

高コレステロール食品に気を付ける

続いてコレステロールを増加させる食材について考えてみましょう。

 

 

 

コレステロールがとても多く含まれた食材としては魚卵や鶏卵などの卵類が挙げられます。これらの食材はコレステロールが非常に高い食材になりますのでコレステロールをコントロールしたい場合には特に注意が必要です。

 

 

 

また、レバー系やクリームやバターのような乳製品も注意が必要です。クリームやバターは単体ではそこまで高い数値ではありませんが、お菓子などに使うと思ってもみない量のバターやクリームを摂取してしまうことになったりしますので、お菓子類には注意が必要でしょう。

運動が大切

コレステロールのコントロールには運動も大切です。身体に溜まる中性脂肪は悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールを低下させてしまいます。

 

 

 

そのため有酸素運動などで中性脂肪を低下させることがコレステロールのコントロールにはとても大切なファクターになるのです。

善玉コレステロールを増やす方法

 

続いて善玉コレステロールを増やす方法について見ていきましょう。善玉コレステロールを増やすことは悪玉コレステロールを減らすことと通じる部分もあります。特に被っている部分は意識的に改善して取り組んでいきたいですね。

運動をする

中性脂肪の低下と同様に、運動をすると血行の促進や代謝が起こります。このことが善玉コレステロールの増加につながるのです。

 

 

 

善玉コレステロールは悪玉コレステロールと比べると食事などでコントロールしたり増やすのが難しいコレステロールなので、善玉コレステロールを増やすには有酸素運動が最も適していると言われています。

 

 

 

結果的には悪玉コレステロールの低下にもつながりますから、運動は取り入れるにこしたことのないことだと言えるでしょう。

食生活を見直す

善玉コレステロールを直接的に増やしてくれる食材は実はほとんどありません。最近ではトマトに含まれるリコピンが善玉コレステロールの増加に効果があると言われていますが、リコピンだけでは身体の善玉コレステロールを劇的に改善する事できません。

 

 

 

そのため、悪玉コレステロールに対して善玉コレステロールの割合を増やすためにも、基本的には悪玉コレステロールを増加させない食生活を行うことが基本です。

悪玉コレステロールを減らして健康的な生活を

いかがでしたでしょうか。

 

 

 

悪玉コレステロールはコレステロールの一種LDLコレステロールで、これは身体に必要なコレステロールを供給する一方で血中に残って血液や血管をダメにしてしまうということが分かりました。

 

 

 

このLDLコレステロールが増えすぎないように綺麗にするのが善玉コレステロールの役割で、コレステロールをコントロールするためには善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすというのが大原則になるんですね。

 

 

 

そのための方法はやはり基本的な生活習慣や食生活の見直しからはじまります。普段の生活をコントロールすることがコレステロールのコントロールにも繋がると言うことでしょう。

 

コレステロールを下げるサプリランキングへ