hba1c 下げる

【糖尿病まっしぐら】hba1cが高いと危険!糖との付き合い方と下げる方法

皆さんはhba1cという言葉を聞いたことがありますか?血糖値に問題のある方は意識している方も多いかもしれません。あまり血糖値を意識していない方でも早い内から自分がどれくらいの数値で場合によってコントロールできるように心構えを作っておくことは大切です。

 

 

 

そう、hba1cとは血液中のある数値ですが、この数値は血糖値と非常に関係の深い数値です。そしてそれはつまり糖尿病という恐ろしい病気との関係性を示す数値でもあります。

 

 

 

hba1cは正常な数値内に収まっていることが理想で、高くなり始めると歯止めが効かなくなりがちです。ぜひhba1c数値の重要性を今のうちに認識して、血糖値と共にコントロールする術を理解するようにしたいですね。

hba1cとは?

 

hba1c(ヘモグロビン・エーワンシー)とは血液の中の赤血球中のヘモグロビンがどれくらい糖と結合しているかを示す数値です。糖は通常身体中でエネルギーとして消費されています。しかしその消費が追い付かないと血液中に蓄積していきます。この蓄積して居場所のなくなった糖はしだいに血中のヘモグロビンと結びついていってしまうのです。

 

 

 

すなわちHbA1cの数値は血中にある糖の濃度に比例して高くなっていきます。血中の糖の濃度とはすなわち血糖値のことですので、HbA1cは血糖値が高くなればそれに伴って高くなっていくというわけなんですね。

 

 

 

しかし血糖値と異なる点は、血糖値はその時点の血中の糖の濃度を示すもので、前後の食事に気を遣ったり運動を行うことで即時的に数値を下げたり増やしたりするのに対し、HbA1cはここ数か月程度の血液内の血糖値の平均値を反映するかのような数値の動きを見せる為、一朝一夕にはその数値は変動しません

 

 

 

そのため、糖尿病などの検査をはじめとする体内の糖の影響を調べる検査においては血糖値よりもhbA1cが重視される傾向もあるのです。(もちろん血糖値も合わせての判断をするのが一般的です)

hbA1cを下げることなく放置するとどうなる?

 

ではhbA1cの数値が基準より高くなってきた場合、そしてそれを放置するとどうなるのでしょうか。当然ながらhbA1cの値が上昇し続けていると言うことは、長い目出ると血糖値が上昇し続けている、すなわち糖が過剰に身体に摂りこまれている、もしくは消費・排出出来ていないということを示しています。

 

 

 

それはすなわち体内の血中の糖の濃度が高まっていることを示していますが、この状態を放置するとはじめは疲れやすい、のどが渇くといった症状程度ですが、しだいに様々な合併症を引き起こし、最悪の場合は死に至るおそれがあります

 

 

hbA1cが上がるのはなぜなのか?

hbA1cの数値が上昇する、すなわち血糖値が上昇する傾向が続くのはどうしてなのでしょうか?単純に考えると糖の摂りすぎと考えることも出来ますが、基本的にはある程度摂りすぎた糖も体内ではこれらを調節するホルモンによって一定に保たれています。

 

 

 

代表的なホルモンでいえばインスリンが挙げられます。インスリンは血中の糖をエネルギーに変えたり細胞の活性化に用いたりするホルモンで膵臓から生み出されています。しかしこのインスリンを生成する能力は加齢によって低下していくうえ、遺伝的にその機能が弱い、低下しやすい人もおり、これらの要因が生活習慣と絡み合って高血糖、ひいてはhbA1c値の上昇につながっていきます。

 

 

 

一度壊れたインスリンの分泌機能は元に戻ることはありません。もしそうなってしまったら摂取する糖を制限するなどして身体に糖が必要以上に摂りこまれない状況を意図的に作り出しながら、場合によってはインスリン注射などの専門的な治療を行うしかなくなっていくのです。

 

 

 

また、インスリンの分泌能力は膵臓に負荷がかかればかかるほど機能低下が早くなります。つまり日頃から余分に糖を摂りつづけることもhbA1c値を上昇させるリスクを増大させていることは言うまでもないことなのです

hbA1cを下げる方法

 

ではhbA1c値を下げるにはどのようにすればよいのでしょうか?先に見てきたようにhbA1c値はここ数か月の血糖値の数値に連動するように推移します。一時的に糖を制限したり運動するだけではhbA1c値は下がりません。もっと長いスパンで見て血糖値を低下させ、その状態をキープすることでhbA1cをコントロールすることが出来るようになります。

 

 

 

つまりhbA1cを下げる方法としては基本的には血糖値を下げる方法、糖尿病予防をすると言うこととなんら変わりはありません。それを継続的に続けていくことがhbA1cをコントロールすることにも繋がっていくというわけなのです。

 

 

 

ではhbA1cをコントロールするために血糖値を下げるにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

大原則は食生活

なんといっても基本的には食生活です。糖質を余分に摂取して体内に糖が溢れることが無ければ、いくらインスリンの分泌能力がある程度まで低下していても理論的には問題が起こることはありません(もちろんインスリンの分泌がほとんど無いほど膵臓が弱っていればそもそも必要な糖の循環も行えませんので問題です)。

 

 

 

要は自分のインスリン分泌能力にあった、膵臓に負担をかけない糖質の摂取をベースとした食生活を心掛けることが大切です。

 

 

 

また炭水化物などを食初めに食べると血糖値が上がりやすいため、食事においてはまず食物繊維などを多く含んだ野菜類を食べ、それから肉や魚、最後に炭水化物を摂るようにすることで血糖値の急激な上昇をおさえることが出来ます。

 

 

 

野菜類などに含まれるビタミンやミネラルは糖の代謝にも欠かせない栄養素ですから、基本はやはりバランスの良い食生活を正しい順番で食べると言うことが必要になると言えるでしょう。

運動をする

食事と同時に大切になるのが運動です。どうして運動をすることがhbA1cや血糖値を下げることに繋がるのでしょうか?

 

 

 

そもそも糖は体内でエネルギーとして使用される、車で言えばガソリンのようなものです。いくら燃費の悪い車でも運転しなければガソリンはそのままです。そこにガソリンを定期的に補充していたら当然タンクからあふれ出してしまいます。

 

 

 

ヒトの身体も同じで、定期的に運動を行ってガソリンである糖を消費・代謝していれば体内の糖がひたすら溜まっていくことを防ぐことが出来ます。特に有酸素運動は糖をエネルギー変換して消費することが出来ます。

 

 

 

日々運動をしていれば身体に溜まっているものを代謝し循環させることで体内に無駄な物が残っている状態を減らすことが出来ます。そのためにも定期的な運動は健康のために非常に大切な要因となるのです。

hbA1cを下げる努力をしてみよう

今まさにhbA1cの数値に悩んでいる方、ちょっとhbA1cや血糖値が気になっている方はまず食生活と運動・・・すなわち生活習慣を改善する事が大切です。

 

 

 

生活習慣は糖の問題だけでなく、コレステロールや中性脂肪など健康を害する他の要因をとりのぞくためにも大切なものです。つまり健康でいたい以上は誰しもが意識し続けなければならない問題なんですね。

 

 

 

実際にhbA1cを下げたいというのは具体的に行動に移す良いきっかけになると思いますので、ぜひとも今日から規則正しい食生活と運動を生活に取り入れて長い目で見て健康な身体を維持していってみましょう。

コレステロールを下げるサプリランキングへ