コレステロールを下げるには

中性脂肪を減らす効果がある食材

中性脂肪を減らすには日々の食生活を正しくすることが大事です。ですが、具体的にどんな食材を使えば、正しい中性脂肪を下げる効果が期待できるのでしょうか?今回は食材や成分に焦点をあてて話をすすめましょう。

食物繊維

働き
・体内の中性脂肪を吸収し便として排出する
・コレステロールや糖質なども吸収する
摂取量
・1日あたり20から25ミリグラム程度(野菜およそ300グラム)

 

野菜を300グラム毎日摂取することは意識しないことには難しいことかもしれません。ですが、今の時代にはサプリメントなど補助的なものが存在します。上手に利用することによって野菜300グラムの摂取量は続けることはさほど難しいことではないはずです。

 

不飽和脂肪酸

青魚にたくさん含まれている脂肪のことです。IPAやDHAといった言葉をよく耳にしますよね。この言葉も同様の意味があります。
働き
・肝臓で中性脂肪が生成されるのを抑える働きがある

 

魚が食卓にあることは昔は日本ではごく一般的なことでした。ですが、近年は外食で食事をすませる人が多くなり偏りがちな食生活になる人が増えている傾向があります。このことが原因で魚を食べる機会は以前に比べて少なくなってしまったようです。
魚は焼き魚よりも煮魚の方が不飽和脂肪酸をより効果的に摂取できるようです。ただし、魚の脂肪は食べ過ぎるとよくないです。

 

以上の食物繊維と不飽和脂肪酸をバランスよく摂取することで中性脂肪を減らすことが可能です。毎日続けることが難しいという人はサプリメントなどを利用するといいでしょう。

 

 

▼管理人おすめのコレステロールサプリ▼

DHA・EPAサプリメント【きなり】

きなりは、血液をサラサラにする成分でもあり、コレステロールを下げる効果があるDHA・EPAが高配合されたサプリメントで、ダイエット効果・生活習慣病の予防効果があるといわれているナットウキナーゼも配合されたコレステロールが気になる人にぴったりのサプリメントです。
コレステロールが気になる人だけでなく、中性脂肪を減らしたい人、健康診断が気になる人などにぜひおすすめのサプリメントです。
当サイトから特別モニターに応募が可能(初月1980円でお試しできます)
15日間の完全返金保証付

 

DHAサプリメント【きなり】の公式サイトへ