コレステロールを下げるには

コレステロールとアルコールの関係

お酒を飲むという事は、摂取カロリーを増やし、コレステロール値を上げるというイメージがあります。ところが、古くから酒は百薬の長とも言われるように、正しい量を守って飲むことは体にとても良い効果があるのです。飲酒は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。

 

善玉コレステロールを増やす適量のお酒は、日本酒だと1合、ビールだと大瓶で1本、ウイスキーはダブルで1杯。飲みすぎは肝機能の低下を招きますが、適量であればとても体に良いのです。ただ、飲みすぎてしまうと中性脂肪が増えます。
糖尿病や肥満の原因になりますし、中性脂肪が増えすぎてしまうと飲酒も何の効果もなくなってしまいます。カロリーという意味では、飲酒をする事=カロリーが多いではなく、飲酒時に食べるおつまみが原因です。飲酒している時は、ナッツや揚げ物などの高カロリーでコレステロール値をあげる食べ物が多くなります。お酒を飲んでいる為、味付けも濃いものを好む傾向にあります。
シメにラーメンを食べる方も多いですが、コレステロールという意味で考えるとシメのラーメンはもってのほかです。

 

ただ、ストレス社会と言われている世の中、お酒でストレスを発散する方も多いと思います。飲酒は適量を、おつまみはなるべくカロリーの低いものを選んで摂るようにしましょう。
普段ご自身が飲んでいるお酒の量と、適量なお酒の量を比べてみてください。1週間に○○カロリーまでと決めてお酒を飲むのも効果的です。

 

 

▼管理人おすめのコレステロールサプリ▼

DHA・EPAサプリメント【きなり】

きなりは、血液をサラサラにする成分でもあり、コレステロールを下げる効果があるDHA・EPAが高配合されたサプリメントで、ダイエット効果・生活習慣病の予防効果があるといわれているナットウキナーゼも配合されたコレステロールが気になる人にぴったりのサプリメントです。
コレステロールが気になる人だけでなく、中性脂肪を減らしたい人、健康診断が気になる人などにぜひおすすめのサプリメントです。
当サイトから特別モニターに応募が可能(初月1980円でお試しできます)
15日間の完全返金保証付

 

DHAサプリメント【きなり】の公式サイトへ