コレステロールを下げるには

コレステロールが高いとどんな病気になるか

コレステロール値は、血液検査をすることで調べられます。その為、健康診断で発覚することが多いのですが、コレステロール値が高い事=病気というわけではないので、生活習慣や食生活の見直しを指導されて終わる場合が多いです。問題なのは、コレステロール値が高いことを放置して、同じような生活を続けてしまう事です。
コレステロール値が高いからって、すぐに病気になるわけじゃないし・・・と何もせずに放置してしまうと、重大な病気の引き金になってしまいます。もちろん、コレステロールは体に必要な成分です。
全くなくなってしまうのも体に良くありません。適度な分量が常に体内に存在するというのが、理想的です。
では、コレステロール値が高いとどんな病気の引き金になるのでしょうか。コレステロール値が高くなると、まず皮下脂肪や内臓脂肪が増えていきます。コレステロールは血液中を流れている為、値が高くなると血液中のコレステロールが増え、血管の壁にこびりつきます。そうなると、血液が流れる部分はどんどん狭くなり、血管自体ももろくなり、動脈硬化を引き起こします。この動脈硬化が心臓や脳内で起こってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞になってしまうのです。
また、増えすぎてしまった脂肪が肝臓にたまってしまうと肝硬変を引き起こしますし、胆石もコレステロール値が高い事が原因の一つとされています。サラサラの健康な血液が体内を巡るというのは、人が生命を維持するために欠かせないものです。ちょっとコレステロール値が高いだけ・・・ではなく、この時点できちんと手を打っておかないと、重大な病をひきおこしてしまいます。

 

動脈硬化

動脈硬化自体は病気ではありません。
血液がドロドロになり流れが悪くなったり、血管の壁にコレステロールが付着することで壁を厚くし、血液の流れを悪くしてしまう事です。血液は体中を流れていますので、動脈硬化が起きてしまった場所によって重大な病を引き起こすのです。心臓で動脈硬化が起これは心筋梗塞になってしまいますし、脳であれば脳梗塞です。
コレステロール値が高まるのは、普段の生活習慣が原因を言われています。偏った食生活や、欧米化したことで食事の内容も変わりました。
現代人は、コレステロールが高い食事が多くなっています。ただ、嬉しい事に食生活を改善できれば動脈硬化は十分に予防できるのです。医師の指示に従って食生活や生活習慣を見直すことで、血液はいくらでもサラサラによみがえります。

 

 

▼管理人おすめのコレステロールサプリ▼

DHA・EPAサプリメント【きなり】

きなりは、血液をサラサラにする成分でもあり、コレステロールを下げる効果があるDHA・EPAが高配合されたサプリメントで、ダイエット効果・生活習慣病の予防効果があるといわれているナットウキナーゼも配合されたコレステロールが気になる人にぴったりのサプリメントです。
コレステロールが気になる人だけでなく、中性脂肪を減らしたい人、健康診断が気になる人などにぜひおすすめのサプリメントです。
当サイトから特別モニターに応募が可能(初月1980円でお試しできます)
15日間の完全返金保証付

 

DHAサプリメント【きなり】の公式サイトへ