中性脂肪 基準値

【基準値を意識しよう!】中性脂肪をコントロールして健康を維持する方法

皆さんは自分の身体の中性脂肪がどれくらいなのかを把握していますか?

 

 

 

中性脂肪は身体にとってなくてはならないものである一方で、身体にとって害になりやすい脂肪でもあります。溜まりすぎると色々な病気を招いてしまうため、なるべく数値をコントロールして健康を維持していきたいものです。

 

 

 

では中性脂肪の基準値とはいったいどのくらいで、どのようにしてその基準値を維持していくのが良いのでしょうか。高すぎても低すぎても健康的に問題があるとされる中性脂肪の正常な数値の範囲を把握し、その数値におさめるコントロールが出来るようになる方法について模索してみましょう。

中性脂肪の基準値

中性脂肪とは?

中性脂肪ってなんとなく身体に悪いイメージですが、そもそも中性脂肪とはどのようなものなのでしょうか。

 

 

 

中性脂肪とはトリグリセリドと呼ばれる物質で健康診断の検査結果などにおいては「TG」などと表します。本来は人間の身体を動かすエネルギー、ガソリンのような働きをもっており、体外から摂取されると腸で吸収されて血液中から身体中へ運ばれ、生命維持に使用されます。

 

 

 

必要な分の中性脂肪ぴったりを摂取し続けていれば身体でキレイに循環していくため、中性脂肪は何も害を与えることはありません。しかし余分に摂取し使われなかった中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積していきます。いわゆる体重が増える原因の多くも中性脂肪が身体に堆積していくことに起因しています。

 

 

 

現代人は飽食の中で生きていると言われており、食が単なる生命活動だけでなく、嗜好や娯楽の側面も持っています。つまり生きるのに最低限必要な分だけでなく、身体に蓄積していくほど余分に食べ物を食べる傾向にあるため、この中性脂肪がたくさんあって問題になってしまうことも少なくありません。

余分な中性脂肪はさまざまな病気に

中性脂肪がたまるとどうなるのでしょうか。一番目に見えて分かりやすい変化は太るということです。いわゆる贅肉がついてブヨブヨとした身体になっていきます。

 

 

 

他にも中性脂肪は肝臓にたまって脂肪肝という状態を引き起こし、肝臓の機能を低下させ負担を増加させてしまいます。

 

 

 

血中の中性脂肪が高まると脂質異常症を引き起こし、血栓の増加や動脈硬化を引き起こします。血中の中性脂肪量はコレステロールとも密接に関連しており、中性脂肪が多いと悪玉コレステロールが増加して善玉コレステロールが低下するため、より動脈硬化などのリスクが高まっていきます。

 

 

 

動脈硬化の促進は心疾患や脳血管疾患のリスクを増大させるため、遠回しには死をも引き起こす可能性が出てくると考えられます。

中性脂肪の基準値

このように中性脂肪が多いと身体にとっては良いことがありません。そのため、日頃の健康管理においては中性脂肪が多くなりすぎないように基準値をしっかりと把握してコントロールしていくことが大切なのです。

 

 

 

中性脂肪の数値としてはおおよそ30〜149mg/dlが基準値だと考えられています。150mgを越えてくると脂質異常症が疑われ、適切な食事制限などが必要になってきます。

 

 

 

一方で29mg以下だと低中性脂肪血症が疑われるケースがあります。脂肪を体内に吸収できない疾患が潜んでいるのではないかと考えられるため、こちらもまた要注意の状態だと言えるでしょう。

 

 

 

また、中性脂肪は食後に上昇し、5時間後前後でマックス値を記録するようになっています。そのため検査をする際は食事による中性脂肪の変動の影響を受けていない時間帯、具体的には早朝空腹時に測定するのが一般的です。

中性脂肪が基準値を超えていた場合は・・・

 

中性脂肪が基準値を超えている場合は適切な処置を行うことが必要となります。つまり中性脂肪を適切な数値にするように生活習慣を改善する必要が出てくるのです。

 

 

 

これを放置するとメタボリックシンドローム、動脈硬化といった症状から、さらに悪化すると心疾患や脳血管疾患を引き起こしていくと考えられます。では具体的にはどのような改善が必要とされるのでしょうか。

食事に気を付ける

食事制限においては糖質や脂質を制限するのが一般的です。

 

 

 

糖質制限は中性脂肪の燃焼にも非常に効果のある方法だと考えられています。糖質が不足する事で中性脂肪を燃焼してエネルギーに変換する機能がヒトの身体にはあるからです。

 

 

 

中性脂肪を劇的に低下させるほどでもない・・・という場合は摂取する脂質や糖質をカットして上昇を抑えること数値をコントロールできるかもしれません。

 

 

 

いずれにせよ暴飲暴食は中性脂肪増加の道を辿ることになりますから注意が必要です。

お酒を減らす

飲酒習慣は中性脂肪を上昇させる傾向にあります。アルコールを摂取すると中性脂肪の分解を行う働きが弱くなるからです。

 

 

 

また、お酒を飲むとどうしても一緒におつまみも食べてしまいがち。おつまみは中性脂肪を高めるようなものも多いため、相乗効果で中性脂肪が高くなってしまうということがおこりがちです。

 

 

 

中性脂肪を意識する場合は、お酒の量を減らすほか、おつまみをなくしたり、カロリーの少ない蒸留酒を選ぶなどすることも効果的だと言えるでしょう。

運動を取り入れる

運動をすることも中性脂肪のコントロールには必要です。

 

 

 

中性脂肪は言ってしまえばガソリンを余分に身体にため込んでいる状態です。もともとは身体を動かすためのエネルギー源として身体が保存しているものですから、身体をたくさん動かすことで消費することが出来るという訳です。

 

 

 

逆に運動不足の人がどんどん溜めこんでいけば中性脂肪はどんどん多くなってしまいます。そのため定期的な運動をしてガソリンである中性脂肪を消費・燃焼させるようにしていくことが大切なのです。

 

 

 

中性脂肪をコントロールするための運動としては有酸素運動が効果的です。出来れば一日20~30分程度の有酸素運動を継続していくことが理想ですが、根を詰め過ぎるとストレスも溜まりますので、まずは出来る範囲で、今よりも少し運動量を増やすという考えでスタートするのが良いのではないでしょうか。

中性脂肪を基準値にする際に食べたい食材

 

最後に中性脂肪を下げるために役立つ食材について少しだけ触れておきましょう。

 

 

 

中性脂肪のコントロールにおいて積極的に食べたいのが青魚です。青魚に含まれるEPA/DHAという不飽和脂肪酸は中性脂肪の合成をおさえて血中中性脂肪を告げる働きをします。

 

 

 

それ以外にもコレステロールを低下させて血液をサラサラにし、動脈硬化や血栓に対して効果的な食材として青魚は非常に優れていると言えます。

 

 

 

なかなか毎日の食卓に取り入れるのが大変だと言う方はサプリメントなども発売されていますので、ぜひバランスよく生活に取り入れられるように努力してみてはいかがでしょうか。

中性脂肪の基準値を把握しよう

中性脂肪はコレステロールなどとも関わりあって私たちの身体、特に血管や血液、肝臓などの病気とも関連のあるものです。そのためなるべく早い段階で自分の中性脂肪の傾向を把握し、しっかりと向き合っていくことが大切になります。

 

 

 

早い段階からコントロールできれば後々厳しい生活習慣の改善を行う必要もなくなることでしょう。

 

 

 

皆さんは中性脂肪を上げる要因になるものが自身の生活にどれくらいあるでしょうか。もしも不安な方は中性脂肪が基準値とどれくらい差があるのかを確認し、必要に応じて対策を練ってみましょう。

コレステロールを下げるサプリランキングへ