中性脂肪 コレステロール

中性脂肪とコレステロールはどう違うの?それぞれの役割や下げ方徹底解説!

中性脂肪・・・コレステロール・・・。気になっている方にとってはとても嫌な響きの言葉かもしれません。健康診断などで数値の高さに注意を受け、生活習慣を改めなければ・・・と感じている方もいらっしゃるかしもれませんね。

 

 

 

一見どちらもなんとなく身体に悪そうな言葉ですが、中性脂肪とコレステロールってどう違うのでしょうか?意外との違いを細かく答えられる人は少ないかもしれません。

 

 

 

一方でこの二つが身体の中で関係しあっていることは間違いありません。長い目で見ればどちらも生活習慣病と関わりのある数値だけに、早い内からしっかりと向き合ってコントロールしておきたいものです。

 

 

 

一体中性脂肪とコレステロールの役割の違いや下げ方とはどのようなものなのでしょうか?

中性脂肪?コレステロール?その役割とは…

 

ではさっそく中性脂肪とコレステロール、それぞれの役割について見ていきましょう。一見すると同じような物なのでは・・・と持っている方もいるかもしれませんが、実はその役割には明確な違いがあるのです。

中性脂肪の役割

中性脂肪とはトリグリセリドと呼ばれるもので、ヒトの身体を動かすガソリンのようなものです。体外から摂取されると腸で吸収されて血液中から身体中へ運ばれて必要に応じて蓄積されます。

 

 

 

食事などでもブドウ糖のあまりや脂肪分の内で使われなかった分は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。中性脂肪そのものがガソリンのような役割を果たすとするならば、蓄えられた脂肪はガソリンの予備タンクのようなものです。

 

 

 

現代人は日頃の運動不足の傾向に加えて食事はしっかりと摂っているため、摂取したエネルギーが過剰になりがちです。

 

 

 

人間の身体はせっかく摂りいれたエネルギーをなるべく身体に温存しておこうとして中性脂肪として蓄積していきます。これはいざという時にエネルギー源に変換して生きながらえるための措置なのですが、そのような緊急事態はなかなか起こりませんから中性脂肪値が異常域に達してしまうことが起こり得るようになったのです。

コレステロールの役割

一方のコレステロールは中性脂肪と同じく脂肪の一種ではありますが、体内においては血液に乗って体中を巡り、細胞やホルモン、胆汁の原料として使用されます。

 

 

 

コレステロールは必要な分の多くが体内で生成されます。そして足りない分を食事で補っているのですが、過剰に体内に溜まると血液中に残留してしまいます。

コレステロールには二種類が存在する

そんなコレステロールですが、大きく分けるLDLコレステロールとHDLコレステロールというものに分けられます。

 

 

 

LDLコレステロールは別名悪玉コレステロールとも呼ばれています。このコレステロールは先ほど紹介した様に血液に乗って身体中に運ばれ、身体を作るのに一役買いますが、過剰に血液中に入ると血液の健康状態を悪化させてしまいます。

 

 

 

一方のHDLコレステロールは善玉コレステロールとも呼ばれ、血液や血管に付着した悪玉コレステロールを取り除いて再利用したり排出する手はずを整えてくれます。

 

 

 

そのためコレステロールのコントロールには善玉コレステロールがしっかりとあって、悪玉コレステロールが必要以上にない状態が理想なのですが、現代人の食生活によってこのバランスは崩れがちになっていると考えられています。

 

 

 

このように中性脂肪とコレステロールは厳密にはかなり異なる役割がある脂肪であることがわかります。しかし実はこの二種類の脂肪はお互いに相乗効果で健康を害する可能性のある部分を持っているんです。いったいどういうことなのでしょうか?

中性脂肪とコレステロールは生活習慣病の元凶?

 

中性脂肪とコレステロールは身体の中での働きこそ違いますが、どちらも過剰になると血液や血管、内臓を傷つけてしまう可能性があります。

 

 

 

中性脂肪や悪玉コレステロールは基準値を超えると脂質異常症という診断を下される事があります。血液内の中性脂肪と悪玉コレステロールは多くなると血液の健康性を害し、ドロドロした血液、血栓のある血液を生み出します。さらに血管にうつって血管の状態を悪化させることで動脈硬化を進行させます。

 

 

 

動脈硬化と不健康な血液はお互いに悪循環をもたらしさらに悪化していきます。すると最終的に心筋梗塞のような心疾患や脳出血のような病気にも繋がっていってしまうのです。

 

 

 

最近の研究では血液中の中性脂肪の増加が悪玉コレステロールの増加と善玉コレステロールの減少にも関連しているということが分かってきたため、役割こそ違えど、中性脂肪とコレステロールには健康上で密接な関係性があると言うことが出来るでしょう。

 

 

 

また食生活や運動不足など、この二つの脂肪は数値が上昇する要因にも共通項が多いため、切り離して考えるよりも、健康のためには両方の数値を同時にコントロールしていく意識が大切であると考えられます。

中性脂肪とコレステロールをコントロールするには

 

ここまでで見てきたように中性脂肪とコレステロールはどちらを放置してもよくありませんし、また相互で数値を悪化させる原因にもなりますので、日頃の健康管理においてしっかりと調整していくことが大切です。

 

 

 

幸いにも中性脂肪とコレステロールのコントロールは共通している部分も多く、それぞれ別の対策を立てなければならないというようなことは少ないため、健康のためにも以下のような点に意識を置くようにしておきましょう。

食生活を見直す

食生活の見直しは中性脂肪やコレステロールを管理する上で最も大切な要素になります。

 

 

 

基本は糖質や脂質、コレステロールを多く含む食材を制限し、逆に中性脂肪やコレステロールを下げる食材を積極的に摂りいれることです。

 

 

 

コレステロールを多く含む食材としては魚卵や鶏卵、レバー、乳製品が挙げられます。これ以外にも肉類などはやはり脂肪分が多いので注意が必要です。

 

 

 

一方でDHA/EPAを含む青魚、SMCSを含むブロッコリーやキャベツ、ナットウキナーゼを含む納豆などは中性脂肪やコレステロール値を改善し、血液の健康を高めてくれる心強い味方です。こういった中性脂肪やコレステロールにピンポイントで効果のある食材は積極的に取り入れていきたいものですね。

運動を生活に取り入れる

運動を積極的に行うことも大切です。

 

 

 

運動をするということは普通に生活しているよりも意図的にエネルギーを使うということです。このエネルギーは糖質などを利用して捻出されますが、それが足りなくなると身体に溜まっている中性脂肪を燃焼してエネルギーにするようになります。

 

 

 

中性脂肪が低下するとコレステロール値も改善されるため、運動で中性脂肪を減らすことは非常に大切なことなのです。

 

 

 

中性脂肪を燃焼させるためにも運動は有酸素運動を30分以上、出来れば毎日継続的に行うことが大切です。また時間が取れない時でも少しは運動するようにすることで脂肪の溜まりにくい身体になっていくのです。

中性脂肪とコレステロールにご用心

中性脂肪とコレステロールは別々の役割をもった脂質ですが、溜まりすぎると身体に悪影響があるという点では一致しています。また、相互に干渉しあうことで血液の状態を悪くしたりするやっかいなものでもあることが分かりました。

 

 

 

一方で似通った方法により中性脂肪とコレステロールは同時にコントロールすることができる一面も持っています。健康のためにも生活習慣を改善して中性脂肪とコレステロールをコントロールしていきたいですね。

コレステロールを下げるサプリランキングへ