コレステロール 下げる サプリ

コレステロールを下げるサプリランキング

コレステロールは肥満の素、メタボの素などと言われますが、コレステロールが増えすぎてしまうと、肥満になるだけでなくそれ以上の危険が伴う場合もあります。コレステロールが増えると血管がドロドロになります。ドロドロになってしまった血液が血管を塞ぎ、動脈硬化を引き起こします。このまま放置してしまうと、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病になってしまう危険があります。

 

コレステロールを効果的に下げるには、食品として、牡蠣が上げられます。牡蠣には、タウリンと呼ばれる成分が豊富に含まれており、これは肝機能を高めることができます。増えてしまった余計な悪玉コレステロールを減らして、血液をサラサラにするためには、、DHA、EPAやナットウキナーゼが効果的です。
当サイトでは、増えすぎてしまったコレステロールを下げる効果のあるDHA・EPAの含まれるサプリメントを売れ筋・人気順にランキング形式でご紹介致します。

コレステロールを下げるサプリランキング

DHA・EPAサプリメント【きなり】

きなりは、血液をサラサラにする成分でもあり、コレステロールを下げる効果があるDHA・EPAが高配合されたサプリメントで、ダイエット効果・生活習慣病の予防効果があるといわれているナットウキナーゼも配合されたコレステロールが気になる人にぴったりのサプリメントです。
コレステロールが気になる人だけでなく、中性脂肪を減らしたい人、健康診断が気になる人などにぜひおすすめのサプリメントです。
当サイトから特別モニターに応募が可能(初月1980円でお試しできます)
15日間の完全返金保証付

 

DHAサプリメント【きなり】の公式サイトへ

 

ハグラビ

健康診断を受けてみるとコレステロール値が信じられないほど高かった!そのような方はまず食生活や生活習慣を改善すべきです。

 

そこで、コレステロール値を下げるうえで効果的なDHAが豊富に含まれている亜麻仁油、そして吸収率の非常に高いクリルオイルが配合されているので、食生活を改善するよりもコレステロールに対して作用します。

 

毎日の食生活を改善するのはもちろん、プラスアルファでコレステロール対策をしたい!そのような方におすすめのコレステロールサプリです。

 

オススメしたい人 ・最近太り気味で内蔵脂肪がちょっとヤバイ

・食生活を改善してもダイエット効果が得られない
・健康診断でコレステロール値が高かった

主な特徴 ・浸透力が高く無駄なく吸収できる

・毎月お届けコースは初回限定で4,280円を980円で購入できる
・10日間安心返金保証

成分 亜麻仁油、DHA、EPA、クリルオイル、マリンプラセンタなど
価格 先着300名様限定で毎月お届けコース初回限定980円(送料無料)
評価

 

 

三黒の美酢

コレステロールの蓄積を予防、改善するうえで効果的な黒酢ですが、三黒の美酢は余計なものを一切混ぜず、九州産の黒酢もろみ、完熟黒にんにく、放し飼い有精卵黄油を使用しています。

 

さらに血液をサラサラにする効果の高いDHAとEPAが豊富に含まれています。

 

コレステロール値の高い人はどうしても血液の流れが悪くなり、血管系の疾患を発症しやすいことから、三黒の美酢を毎日継続して摂取するだけでコレステロールに対しても血管や血液にも良い効果を得ることができます。

 

オススメしたい人 ・健康診断でコレステロールが高いと言われた

・内臓脂肪がたっぷりついている
・血圧が高い

主な特徴 ・九州産の3つの黒い素材を使用している

・黒酢なのにDHAとEPAも配合されている
・15日間返金保証付き

成分 黒酢もろみ末、醗酵黒にんにく、黒卵黄油、DHA、EPAなど
価格 毎月とくとくコースで初回限定2,800円が980円の送料無料
評価

 

 

肝パワーEプラス 肝機能を高めてコレステロールを下げる

肝パワーEプラスにはタウリンや亜鉛を豊富に含んでおり、これらは加齢と共に低下してしまう肝機能の衰えを防ぎます。肝機能が弱ってしまうと、コレステロールが処理できずどんどん増えてしまいます。肝機能を高めることは、コレステロール値を増加させないためのとても有効な手段なのです。
今なら、返金保証つき

 

肝パワーEプラスの公式サイトへ

 

オメガプラス 続けるならこれ!

オメガプラスは、コレステロールが気になる人に今、もっともおすすめのサプリメント。オメガプラスには、1粒あたりに DHA65mg、EPA100mg、スクワレン100mgコレステロール対策に効果的な成分が高配合。(1日分は4粒)スクワレンは、体内の酸素の運び屋さんですので、スクワレンが酸素をカラダのすみずみまで送り届けてくれ、より健康にしてくれます。
毎月1袋コース10%オフの1666円(送料無料)1日あたり61円

 

コレステロールサプリ売れ筋一覧

商品

有効成分

最安値価格

きなり DHA・EPA・ナットウキナーゼ

1980円

肝パワー タウリン・亜鉛

5980円

オメガプラス DHA・EPA・スクワレン

1666円

小林製薬ナットウキナーゼ ナットウキナーゼ・DHA・EPA

1575円

 

 

 

コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げるには、食生活を見直す事です。それには大前提として栄養バランスの取れた食事を心がけることです。確かに、緑黄色野菜や魚はコレステロール値を下げますが、それだけでは飽きてしまいますし、肉を食べないとエネルギーが不足して力が出ません。必要な栄養がきちんと摂れなければ意味がありませんので、何かに偏った食事は良くありませんので、毎日継続してできる事をきちんと続けていく必要があります。

 

 

食事を改善するには、カロリーを計算して制限していくことが重要です。食べる量を少し減らしたり、寝る3時間前からは食べ物を口にしないというだけで改善されます。そして、脂質が多い食べ物、揚げ物をできるだけ避けるようにしましょう。

 

ご存じかと思いますが、油にはかなりのカロリーが含まれています。油を含まない食事を心がけるだけでかなりカロリーが低くなります。

 

また、最近よく言われるようになりましたが、1日30品目。これを目標に献立をたてるようにすると良いでしょう。とは言え、仕事をしているとお昼は外食になってしまう事が多いと思います。その場合、できるだけ野菜がたくさん摂れる定食を選ぶようにしましょう。丼物は油分が多く、野菜が摂れないので避けることをお勧めします。また、お酒を飲むことも極力控えましょう。せっかくランチにバランスの良い食事を心がけても、夜のお酒でチャラになってしまう事もあります。

 

 

食事の量を限界まで減らしてしまうのも良くありません。空腹の時間が続くと、のちにドカ食いしてしまう可能性もありますし、エネルギーが不足してやる気が出ません。さらに、食事でコレステロールが摂れないと体内での生成スピードがあがり、結果的に総コレステロール量が増えてしまう可能性もあります。バランスと量に注意した正しい食生活を送る事で、コレステロール値はかなり下げることができます。


コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロールと中性脂肪はどちらもよく耳にする言葉ですが、多くの人が同じものであると勘違いしています。
しかし、実際にはどちらも脂肪の一種ではありますか異なる成分となっていて、働きも大きく異なってきます。

 

中性脂肪はおもにエネルギーとして脂肪を体の中に蓄え、エネルギーが必要な場面でエネルギーとして消費されるという役割を持っています。
一方のコレステロールは、副腎皮質ホルモンの生成や性ホルモンの運航際に使用されています。
両者とも身体の健康を維持するためには必要な成分であり、同時にをすぎると健康に害を成すリスクを持っているものです。

 

私たち日本人の食生活や体質などでは、中性脂肪が高く、コレステロールが低いという傾向にあります。
そのため、コレステロールの数値が高くなりすぎないように注意するのはもちろんのことなのですが、それ以上に中性脂肪の値が高くなりすぎないように生活に配慮する必要があるでしょう。


悪玉コレステロールと善玉コレステロールについて

コレステロールの中には、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種類があります。
悪玉コレステロールは、過剰に摂取することによって血管に影響を与え、動脈硬化を引き起こすリスクが高まってしまいます。
一方の善玉コレステロールは、血管内に新着してしまった悪玉コレステロールを取り除き、動脈硬化を予防する働きを持っています。

 

善玉コレステロールを増やすためには、栄養バランスの取れた食事を摂ることが一番大切です。


コレステロールとは何か?

コレステロールは、本来人間の身体にとって不可欠なものです。
細胞膜を構成する重要な物質であり、また性ホルモンの材料になったりしています。

 

コレステロールは身体に悪いというイメージだけが先行しているようですが、では一体どんな状態のときに身体にとって不都合なのでしょうか。
医療機関などで検査をすると、コレステロールの値を医師に指摘されたり、自分で気にしたりしますが、じっさいにはあまり自覚症状がないものです。
脂肪との関連性も多少はありますが、体型にもあまり関係がないようで、痩せていても高脂血症と診断される人はいます。

 

体内でコレステロールが必要以上に増えてしまうと、血管の壁にたまってきます。
血管壁にコレステロールが付着すると、血管の内側が狭くなってきて、もろくなったり詰まって血液が流れなくなったりします。
このような状態を動脈硬化と呼ぶのです。

 

動脈硬化の状態が進行すると、いろいろな疾患にかかる可能性が高くなります。
それも、脳梗塞や心筋梗塞など命の危機に関わる病気の原因となってきます。
これらの大きな疾患から命を守るためには、コレステロールの値を適切にコントロールすることが大切になってきます。

 

コレステロールの1日あたりの必要量は、1.5〜2.0グラムで、このうちの70〜80%は体内で作られます。
身体の中で製造されるコレステロールのほとんどは、肝臓で作られます。
残りの20〜30%を食事で摂るのですが、高コレステロールのケースの大半が、食事で必要以上のコレステロールを摂取しているのです。

 

食べ過ぎや偏った食事内容、さらに運動不足などでコレステロールは増加してしまいます。
このような生活習慣を続けていれば、高脂血症になるのは仕方がありませんね。

 

 

サプリメントでコレステロールを下げよう

コレステロールを下げるためには、運動をしたり食生活の改善が必要なのは充分過ぎるほど分かっていても、継続して続けるのはとても大変です。
外食をする機会が多かったり、なかなか運動が続かなかったり、いろいろ忙しい私たちにとって、手軽に摂れるサプリメントは救世主のようなもの。

 

血液をサラサラにする成分として有名なものに、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)があります。
一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

血液がコレステロールでドロドロになると、血栓ができやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすリスクが高くなります。
DHAとEPAのサプリメントは、血栓ができるのを予防してくれます。
一般的な食事では、イワシなどの青魚やマグロにたくさん含まれている成分です。

 

でも、DHAやEPAは、毎日継続して摂取する必要があります。
たとえば、イワシならば毎日2〜3匹も食べ続けなければ効果がなく、普通の食事で充分なDHAとEPAを摂ることは難しいのです。
そこで利用したいのがDHAとEPAを配合したサプリメントです。

 

1日の必要量を、わずか150円程度でまかなうことができます。
たくさんのメーカーがDHAとEPAのサプリメントを販売していますが、価格や製造元の信頼性をよく比較して選ぶと良いでしょう。

 

健康になろうと思って摂ったサプリメントで、逆に健康被害を引き起こさないように、メーカー選びは充分検討してください。
値段だけで購入することなく、安全性を重視しましょう。

 

 

 

 


コレステロールを下げるサプリランキングへ